2022年9月14日水曜日

夏休みが終わりました

長い夏休みが終わりました。

病院は朝早くから子供たちが来院できるこの時期は、一日中ずっと忙しい感じになります。

ですから正直なところ、夏休みが終わって少しホッとするところはあります。

今年は夏休みを3日いただきました。

相変わらず感染にビクビクしながらの生活でありますので、人がいない方いない方に向かいます。


カヤックに乗りに行って来ました。

初めてのカヤックでしたが、簡単なレクチャーを受けながら乗ることが出来ました。さすがに流れの急なところはいけませんが、ある程度思ったところに進むことが出来て、とてもいい経験になりました。

歯磨き粉のガードハローが生産中止になるそうです。

昔からありますよね、ガードハロー。

実は約50年の歴史があるそうです。

生産中止の理由は明らかにされていませんでしたが、ある程度の代謝が必要なのかもしれないですね。

新製品が出ていたら、何となくそっちを手に取ってしまいませんか?

いつも行っているラーメン屋さんが十分美味しいのに、近所に新しいラーメン屋さんが出来たらそちらに行ってしまいませんか?

歯ブラシも歯磨き粉もある種のブームがあります。

毛先がシャープになったり、ブラシが柔らかくなったり。ヘッドが小さくなったり、毛に段をつけたり、毛先を丸くしたこともありましたね。

ガードハローという製品の内容が悪いわけではないと思うのですよ。

もし売り上げが伸びないのが原因だとしたら、単に目新しくなくなった、生活になじみ過ぎてしまっただけだと思うんだけどな。

なんか寂しいですね。

I'll see you again next time !

2022年7月24日日曜日

冷やし中華はじめました

この時期にしては毎日暑いし、コロナ感染者は再び増加傾向にあるし、さらに日本では考えられないような暗殺のような事件まで起こるし、なんか色々と大変ですね。


東京で毎日3万人、全国で20万人の感染者が確認されています。

患者さんにも、感染してしまったので行けなくなりました、少し体調が悪く迷惑をかけるといけないから日にちをずらしたい、などぼちぼちいらっしゃいます。

矯正治療は治療にとても長い時間がかかります。それは歯は短期間では動かないからです。という事は、治療の今月の予約を来月に延期してしまったり、治療の相談が3か月先になってしまったりしても、さほど問題がないともいえます。矯正治療の多くは、無理にやらなければいけないものでも、今すぐやらなければ手遅れになるものでもないということです。

医院といたしましては、患者さんにも感染して欲しくないですし、私自身も感染したくはないので、出来る限りのことはやっております。

でも、これで万全じゃないんですね。

ここは感染症を扱う医院でもありませんし、発熱がある患者さんを診る医院でもありません。あくまで出来る範囲でやっているにすぎません。

体調の悪い方、感染のリスクを極力避けたい方は治療の予約をキャンセルしていただいて結構です。

また落ち着いたら、元気にお会いしましょう。

あ、

医院は通常通りやっていますよ。


そんな中ですが、冷やし中華はじめました。


今年の冷やし中華はじめは、冷やし中華発祥のお店から。

やっぱりおいしいですね。暑さで食欲がなくてもペロリといただけちゃいます。

I'll see you again next time !

2022年6月14日火曜日

梅雨です

今日も雨ですね。梅雨だから仕方ないですね。

暑いのは好きじゃないし、雨も嫌いではないですけど、雨だと予定が立てにくいのでそろそろいいかな。

神社の花手水っていうとこの時期のあじさいのやつが印象深いです。

数日前の鳩森八幡神社です。きれいです。


ご相談のお電話をいただきました。

「小学生ですがインビザできますか」「小学生にはやりません」「わかりましたー」

終了です。

例えばね、

病気になった時に、診療してもらう前に「~で治療して下さい」ってこちらから指定しますか?

自分だったら、自分の状態に最も合った治療法を選んでもらいたいから、まずは診ていただいて、その上でいくつか選択肢がある場合に、それぞれの治療法の利点欠点を考えてチョイスします。これが正解だと思います。

インビザラインという治療の大きな利点は「見えないこと」です。invisibleは見えないという意味です。言い方を変えると、それ以外の利点はほぼ無いと言っていいでしょう。

インビザで治せない症例は山ほどありますが、逆にインビザでないと治せない症例はありません。

実際のところ、小学生でも症例によっては使えないわけではありません。でも私は使いません。

申し訳ありませんが、小学生の矯正治療を行う時に、装置を装着した際の見た目を最重要視するという価値観が私にはありません。

お電話をくださった方が「インビザライン」というものをきちんと理解していることを願うばかりです。

I'll see you again next time !

2022年4月30日土曜日

たまには休みます

10連休なんてところもあるみたいですね。

5/3、4の2日間、都合によりお休みをいただきます。休診日とさせてください。

それ以外は、全く通常通りで診療いたします。

祝日に休むのも久しぶりですね。旅行にも行かないですし、遊びにも行かないです。医院に来て、仕事をしていることすらあり得そうですが、一応休診という事で。


桜が散って、ゴールデンウィークが来て、花粉症が終わり、そして夏が来ます。

桜が一年中咲いていたら、そのありがたみは薄れてしまうのでしょうかね。一年のある時期だけパッと咲くから、余計にきれいに見えるのでしょうか。

年齢を重ねるにつれて、儚さ、というものに付加価値を感じることがあります。桜はまさにその代表格です。

医院のチェアは外に面していて全面が大きなガラス窓になっていますので、目の前の公園になぜかある桜の木は、その時期になるとここがベストスポットになります。


今年はこんな感じに見えました。
良い時期なんて、たったの1週間くらいです。本当に儚いものです。



散歩をしていて桜が咲いていると、つい撮ってしまいます。

そうそう、儚いという漢字は、人の夢、と書くそうですよ。
センスあるなあ、考えた人は。

I'll see you again net time !

2022年3月16日水曜日

コロナも花粉もマスクでブロック

周りにもちょこちょこと3回目のワクチン接種を済ませた方が見られるようになりました。

私も少し前に3度目のワクチン接種を済ませました。
1回目、2回目は腕が少し痛いくらいでしたので、3度目も同じような感じだろうと思っていたら大間違いでした。
当日の夜あたりから寒気がし出し、熱が3日くらい続きました。
診療を休みにしないようにと接種を受けたので、実は数日フラフラしながら診療をしていました。顔に出さないようにいつも以上にニコニコしていたので、誰も気づいていないと思いますが。

1回目、2回目が大丈夫だからと言って、油断大敵です。
可能ならば次の日をお休みにして接種されることをお勧めします。

コロナが少しずつ落ち着きを見せてきたのに反して、猛威を振るい始めたのが花粉症ですね。
今年は体感ですが、例年よりは花粉が多い感じがします。患者さんでも花粉症で、診療中に5回も10回も鼻をかんでいる方もいらっしゃいます。

コロナの影響でほぼマスクを着用して生活しているため、花粉症の影響は少ないはずだと思うのですが、どうやら今年は強めに症状が出ている方が多いようです。こちらも辛いですからね。要注意です。

3月8日は国際女性デーでした。
イタリアでは国際女性デーにミモザを贈るそうです。母の日のカーネーションみたいなものです。そのことから、3月8日はミモザの日とも言われているそうです。


ミモザってスギに似ていませんか?
正確に言うと、花粉症の時期の目薬のCMとかで、枝をゆすって小さな無数のつぼみから花粉がわさわさと大量に飛散しているあの映像に似ていませんか?

そう思っていたら、なんか鼻がムズムズしてきた。うー。

I'll see you again next time !

2022年1月26日水曜日

またですか

昨日の東京の感染者は13000人だそうです。

また、まん延防止等重点措置、通称「まんぼう」が出されましたね。

まんぼうの効果も怪しいものですけどね。

飲食店が早い時間にクローズになったり、酒類の提供が制限されたり。人の数が減れば、大人数よりは感染のリスクは確かに抑えられるでしょうが、ここだけが主たる原因とも思えない現状で、また同じ対策でいいのかどうか。

余りにも長いので国民の意識も少し低下してますね。私の医院にも患者さん向けに除菌のハンドジェルなどが置いてありますが、以前よりも減りが鈍いです。

緊急事態宣言でも出されたら、医院の方も一定期間休診にでもしたい気持ちもありますが、患者さんはそれを求めないでしょうから、感染対策を行った上で続けていくことになると思います。

気になる患者さんはアポイントをキャンセルしましょう。多少、来院間隔があいたところで何とかなります。不安なまま来院して万が一感染したとなっては後悔します。

私の3回目のワクチン接種は来週です。ちょうど2回目を打ってから8ヵ月後が来週になります。3回目のワクチンが行き渡ると、少しは終息するのでしょうっか。


話変わって、上の写真。これはマンボウではありません。マナガツオです。

「まんぼう」の話して、マンボウの写真を出すほど単純ではありません。でもマンボウだと思ったでしょ?

先入観ってそんなものです。


どこを治したいですか?という質問に、「出っ歯」と書く人は大勢います。でも本人は出っ歯という認識でも、下顎が下がっているから相対的に出っ歯に見えているだけ、という人がそのうちの半分くらいはいます。実は上の歯自体はそんなに出ていないんだよ、というケースです。

では、そんな時はどうするのか。それはまた別の機会に。

I'll see you again next time !

2022年1月1日土曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年も、より簡潔で誰にでも分かりやすい診療を患者様と共に進めていこうと思っております。

新規のご相談は十分な時間を取ってしっかりとご説明をさせていただくために、予約がかなり取りづらくなっており、1か月以上お待ちいただく事があります。早めに予約を入れていただく事をお勧めいたします。

新年は1/7から通常通りの診療となります。

宜しくお願い致します。