2018年1月9日火曜日

歯神さま

いかがお過ごしでしょうか。
新年を迎え、ようやく通常運行に体が慣れてきました。

今年は初詣と併せて、こんなところに行ってきました。
その名も「歯神さま」です。

何を祀っているでしょうか?ってクイズにもなりませんね。
そうです、もちろん歯です。
こちらは歯の神様です。


 歯の健康、虫歯の平癒、お子様の歯育ち、歯痛の消除、身体の健康、言葉の上達など、
御利益があるそうです。

参拝の方法は、歯神さまのお口を歯ブラシで磨いて行います。
しっかりと磨いてまいりました。

また、珍しい歯のお守りがあります。
普通の持ち歩くお守りに加えて、なんと食べるお守りがあるそうです。
これは珍しいですね。まさか、神様を食べてしまうとはなんとも斬新。

歯は体全体からすれば地味な存在です。
しかし痛んだ時、無くなった時にはその重要性を痛感します。
そうならないために、日ごろから入念なケアを。
そしてお祈りを。南無。

I'll see you again next time !

2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

新年は1/5(金)から通常の診察になります。本年もよろしくお願いいたします。


I'll see you again next time !

2017年12月9日土曜日

そろそろ準備を

一気に寒くなりました。12月ですね。
街は年末に向けて確実にカウントダウンなムードですね。
院内もそろそろではと、クリスマスの飾りつけをしました。


今年も残り3週間。一気に走り抜けましょう。

最近、お昼休みに良く見かけるのがナース服?を着た女性。

ナース服やケーシー、スクラブ、白衣。
こういったものはひっくるめて“医療服”と言われますが、これを着たまま、或いは上にカーディガンなどを羽織った状態で食事をしている、もしくは買い物をしている人がいます。

ダメですよ。

医院内ではあらゆる細菌や唾液がかかるリスクがあります。そういったシーンで着用するものが医療服です。つまり医療服は“汚いもの”として扱われるものです。

不特定多数の人の細菌や唾液、場合によっては血液などがいっぱい付いた服を着ている人が隣で食事していたらどうですか?

そのような恰好をしていても、歯科助手さんやマッサージ師の方、受付の方などは汚染されるリスクはないかもしれません。しかし、それは周りの方に区別はつきません。周囲に嫌な思いをさせる事はやるべきではないですね。

これは海外でもちょっとした問題になっていて、白衣で地下鉄に乗ったり、手術着でファーストフード店に行ったりする人までいるそうです。

ちょっと凄過ぎますね。
最後の砦はモラルですよ。

I'll see you again next time !

※12月29日~1月4日は休診とさせていただきます。宜しくお願い致します。

2017年11月24日金曜日

デスモスチルス

先日、北海道に行った際に北海度大学の博物館に寄りました。

北海道大学の歴史から学部別の研究内容など、様々な展示がありましたがそちらで“デスモスチルスの歯”を購入しました。

デスモスチルスは今から2800万~1300万年前にいた哺乳類。
イメージとしては優しめの恐竜さんです。

これがなぜ北海道大学で展示されているかというと、北海道のいたる所で発掘されている哺乳類だからなんです。

そしてこの名前の由来。
デスモスチルスとはデスモス=束ねた、スチロス=柱の合成語で、歯の形は柱を束ねたような形をしています。つまり、歯の形がその名前の由来になっているわけです。

佐藤犬歯郎や山田臼歯男みたいなものです(それは違う)。

その歯のレプリカがこちらです。



柱を束ねた、ようにも見えなくもない。
人間でいうと下顎の奥歯に形が似ていますかね。

まだまだ謎が多くその生態はほとんど分かっていないそうです。
ただ、日本から化石が多く発見されておりますので、今後、日本初の発見があればそれがイコール世界初の発見となりそうで興味深いです。

I'll see you again next time!

※12月29日~1月4日は休診とさせていただきます。宜しくお願い致します。

2017年10月31日火曜日

第76回日本矯正歯科学会

年に一度の恒例行事であります日本矯正歯科学会に参加してきました。
今年は札幌でした。

例年であれば、今年はこんな学術発表があって~とか、こんな興味深い論文が~展示が~と偉そうに書くわけですが、患者さんにお聞きするとそんなのはあまり興味がないようです。

また、「学会なんて言ってるけど、要は観光なんでしょ?」なんて意見も耳にします。
これは正直なところ、半分当たりです。同窓会のような楽しみ方をする先生や、学会をスタッフの慰安旅行に当てている医院さんも少なくないと思います。

ですので今回は、敢えて「日本矯正歯科学会で食べたもの」特集にしてみます。


まず、流行の“インスタ映え”するやつから。
天丼です。これ、大盛りとかではないです。これしか選択肢はありませんでした。
お椀のふたは、海老を一度出して乗せるために使うようです。
40代が食べ切るには覚悟が必要な量ですが、とてもおいしいです。


そして北海道と言えばラーメンですよね。
こちらは海鮮ラーメンです。帆立が下からボコボコと8個くらい出てきます
めちゃめちゃ美味しかったです。運ばれてくると、海の匂いがします。

一方は塩ラーメン。これはまあ、普通でしたかね。


こちらは北海道大学の構内です。
北大では、北大で飼われている牛さんから牛乳を作っているので、牛乳関連の食べ物はどれもおいしいです。
カフェラテを注文したら、その場でミルクとコーヒーを入れてくれるところはありますが、別々の容器で出てきました。このスタイルはあまり見かけないです。
 

“インスタ映え”第二弾。
トーストですね。非常にカラフルです。
いくつもの中から好きのものを選んで作っていただきます。


そして、最後は喫茶店です。
どこに行こうが、時間が無かろうが、喫茶店には必ず行きます。
北海道ではこちら。雰囲気、珈琲、マスター、BGMと、理想の喫茶店に近いです。
こんなお店をいつかやりたいです。

さて、来年は長崎開催です。
ちゃんぽん?佐世保バーガー?

I'll see you again next time !




2017年10月4日水曜日

ねんどではいしゃさん

『ねんどではいしゃさん』です。

こういう、歯医者さんごっこの玩具は以前からあると思います。
でも、そのほとんどが虫歯治療ですよね。

これは、なんと疑似矯正治療ができるのです。

パッケージの左側にあるローラーで粘土をコロコロするとブラケットができる様です。
その出来上がったブラケットを粘土の歯にくっつけて、さらにワイヤーらしき赤い粘土をくっつける。
クオリティ高いです!


矯正治療未経験者の方は、歯にブラケットをつけて、そこにワイヤーを装着するという、矯正治療の根本的な仕組みすら知らないと思います。

では、なぜそんなものが玩具として成り立つのか?
これがアメリカの製品だからです。

アメリカでは子供の歯並びが悪いことは親としてとても恥ずかしい、という考えがあります。
だからアメリカでは矯正治療をするのが当たり前。
みんなが矯正治療を経験するから、おもちゃとして成り立つわけですね。

日本ではどうでしょうか。
矯正治療をしたこともない子供が矯正治療ごっこで遊ぶとはとても思えませんね。
なかなか面白そうなだけに残念です。

東京マラソン、今年もはずれー。
もう3回も走っているので、確率的には30年くらい当たらないことになりますが、一応期待してエントリーしました。無念。

I'll see you again next time !

*10/17、18と日本矯正歯科学会参加のため臨時休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。




2017年9月5日火曜日

新学期スタート

夏休みが終わりました。

医院では夏休みは取りませんでしたので、「ようやく終わったー」というのが正直な感想です。

夏休みはやはり初診相談の患者さんが増えますね。
また、普段は夕方しか来院できない方が午前中に来院されたりします。そのため、朝から夜まで万遍なく診療が続く感じの体力勝負の流れになりますので、実は結構疲れます。

実際、今年は体調を崩しかけましたが、それでも何とか踏みとどまることができました。

ということで、どこにも出掛けていないわけですが、そんな中でも唯一出掛けたのが「タツノコプロ55周年展」。

タツノコプロ、いいですねぇ。
懐かしいですねぇ。
お客さんも、子供よりも同年代のおじさんが多かったです。

これ、ご存じヤッターワンです。
ヤッターマンシリーズは全てタツノコプロの作品です。
そして、ガッチャマンですね。
今のお父さん世代は、ガッチャマンを見ていなくても主題歌は歌えるのではないでしょうか。

はい。
一番のお目当てはこちら。ハクション大魔王です。
ハクション大魔王で育ったと言っても、まあそれはさすがに過言ですが、特別大好きなアニメでした。

昔のアニメには夢がありましたね。
マンガなんか見てないで勉強しなさい!という気持ちも分かりますが、マンガから学ぶことも少なくないんだよね。

I'll see you again next time !


2017年8月5日土曜日

大道芸という芸術

大道芸が好きです。
大道芸が好きというよりも、大道芸人さんが好きなのかもしれません。

日本では海外ほど大道芸人さんを見かける機会はありませんね。
引っ込み思案な日本人の文化には合わないのでしょうか。

もう10年以上前から知っている大道芸の方がいらっしゃいます。
きっかけはどこかのイベントでたまたま見かけたことでした。
ちょっと前にその方がパフォーマンスをすると聞きつけて両国まで行ってきました。

パフォーマンスは楽器を演奏しながら歌って踊って、小さなお人形を引き連れてパレードをするというスタイルです。基本は何十年と変わっていないと思います。

全てに味があるんですよ。
演奏はもちろん人の手で行い、パレードのからくり人形も全て手作り。
あらゆるところを修理して修理して使っている感じ。材料も針金や割り箸、クリップにタコ糸、ペットボトルといったものです。これがいい意味でチープであり、とても温かいものです。


大道芸人さんがどういうきっかけでその道に入ったのかは分かりませんが、嫌々で大道芸人をやっている人って数少ないと思うんですよ。

失礼ですが、決して儲かる職業だとも思えません。
それだけに、根底に人を喜ばせることや他人の笑顔を自分の生活の糧としなければやっていけない職業だと思います。

「父の背中を見て自然に歯科医の道を志しました」とか「地域医療に貢献したくて地元の医院を継ぎました」なんて決まり文句を並べている様などこかの二世や三世よりも余程熱いもの彼らからは感じます。

自分も今度生まれ変わったら、大道芸人を志すような生き方をしてみたい。
まあ、人間は生まれ変わらないんでしょうけど。

I'll see you again next time !

*当院は夏休みは特に設けておりません。お盆も通常通り診療いたします。

2017年7月1日土曜日

夏を前にして

この季節、恒例の花壇の入れ替えが行われました。

医院の前の道路はここ数年でレンガが敷かれ、自転車専用道路も作られ、花壇も定期的に管理していただいています。

また、夏を前にして医院内のクリーニング、ワックスがけ、エアコンのクリーニングを行いました。
入口の扉付近への自動虫よけスプレーの設置、傘立てのリニューアルも行いました。
今後、待合室の椅子の交換を予定しています。


ジメジメした日がしばらく続きますが、カフェインとって、気持ちをシャキッとがんばりましょう。

I'll see you again next time !!

2017年6月7日水曜日

優先順位

優先順位について。

①ホワイトニングもしたい人の矯正歯科治療。
②虫歯がある人の矯正歯科治療。
③歯が無い人(抜けっぱなしor抜きっぱなし)の人の矯正歯科治療。

最近、実際にあった3つのケースです。

どういった順番で治療するのですか?という質問。

①:ホワイトニングは矯正治療の後にしましょう。

矯正治療をすると重なっている歯や捻じれた歯が真っ直ぐに並んできます。重なった状態や捻じれた状態でホワイトニングを行うと、歯の重なった部分は十分に白くなりません。矯正治療後のホワイトニングが効果的です。

②:大きな虫歯は進行しない程度の治療を、小さな虫歯は治療してしまいましょう。

現時点で痛みのあるような大きな虫歯は矯正治療よりも優先して治療せざるを得ません。
ただし、歯に大きな被せものをする必要のある虫歯は仮の被せものに留めておくのがベターだと思います。被せものはその時の歯並びで咬みやすい形や大きさで製作します。矯正治療を行う前提であるのならば、まずは仮の被せものに留めておき、歯を動かし終わった時点で最終的な被せものを作る方がしっくりくると思います。

③:まずは矯正治療。

歯が無い場合はそこのスペースをどうするかによって治療方針が変わってきます。歯が無い部分を矯正治療で隙間を閉じるケースもありますし、逆に減ってしまった隙間を適正な歯の大きさまで拡げるケースもあります。まずはご相談ください。

I'll see you again next time !